ヒット商品は「コロナ」じゃないの?米大統領選は大接戦だね(316)

【tamaoのOL独り言=2020年11月5日】相変わらず新型コロナの猛威はとどまっていませんね。気がつけば11月なので、そろそろおせち、クリスマスケーキ、年賀状の手配が始まってきましたね。

日曜日に行った川越は、かなり人でいっぱいでした。「GO TO」で観光にきたのかな?

いつもは楽しいけど、今年はどうかしら?クリスマス、お正月とあまり人は集まらないのかな?それとも集まっちゃうのかしら。

ある雑誌の今年のヒット商品ベスト10では、1位に鬼滅の刃、2位はマスク、3位はニンテンドーどうぶつの森だそうだ。

え、1位は新型コロナじゃないの?と思った人、手を挙げてください。ヒット商品というと対象にしないんだね。

先日、段ボールを捨てにゴミの回収場に行ったら、机の段ボールを捨てている人がいた。「在宅勤務なんですね」って、もう少しで声かけちゃうところだったよ。

3月ごろはこんな長く在宅勤務が続くことは考えられなくて、家にある机で仕事していたんだろうけれど、さすがに体が辛くなったりしたんだろう。わかります!

私もPCの画面が見にくくなったんで、モニター買っちゃったもん。仕事しなくなったらゲームで使おうと観念しました。3位のどうぶつの森をやるのにね!

でも、いつまでこの状態、続くのかと思うけど、依然として感染者は減っていないし、「GO TO」で東京以外の感染者が増えているようだ。そういえば、「GO TO」も流行語大賞に入るかもね。

そして、アメリカの大統領選、大混戦になっている。今も決まっていないし、なんか決まっても裁判があるから予断を許さないのかな。

2億人の投票を即日開票することがともかく無理!たとえできても集計することも大変だろう。でも、自分たちが大統領を選ぶということができるのは、自由の国アメリカのすごいところだ。

いわゆる芸能人も堂々と支持する人を応援しているもんね。トランプ(Donald John Trump)現大統領はさんざん批判されてきたけど、改めて選挙をしたらこの大接戦ということは、支持している人が多くいるってことなんだよね。コロナもすぐ治っちゃったし。さてさて大統領選どうなるんでしょうか?(敬称略、中堅企業に勤めるOLのタマオさんが日常の生活について思っていることを不定期に書きます。注書きは著者と関係ありません)

編集注:アメリカ大統領選は11月5日(日本時間)午前中の段階では、選挙人の獲得数については民主党のバイデン候補が264人、共和党のトランプ候補が214人で、過半数の270人までバイデンさんが圧倒的に優位に立っています。

コメントは受け付けていません。