丸善丸の内で坂本一樹「WAVE」展

【銀座新聞ニュース=2020年12月7日】大手書籍販売グループの丸善CHIホールディングス(新宿区市谷左内町31-2)傘下の丸善ジュンク堂書店(中央区日本橋2-3-10)が運営する丸善・丸の内本店(千代田区丸の内1-6-4、丸の内オアゾ、03-5288-8881)は12月10日から16日まで4階ギャラリーで坂本一樹さんによる絵画展「宙の譜WAVE」を開く。

丸善・丸の内本店で12月10日から16日まで開かれる坂本一樹さんの絵画展に出品される作品「ウエーブ・カラーズ(WAVE colors)05」。

日本画家の坂本一樹(さかもと・いっき)さんが新作を中心に「宙(そら)の譜」と題して、墨を使った新しいシリーズ「ウエーブ(WAVE)」の作品を展示する。

坂本一樹さんは「空、水、光、風…そして生命。自然の中に波打つリズムとメロデイを絵画という手法で楽譜にしたい」としている。

坂本一樹さんは1966年岐阜県生まれ、多摩美術大学絵画科日本画専攻を卒業、1995年 に銀座で個展、1998年に三渓日本画賞展で優秀賞、第2回東京日本画新鋭選抜展で奨励賞、2001年に第3回東京日本画新鋭選抜展に出品、2003年に第21回上野の森美術館大賞展で賞候補となった。現在、日本美術家連盟会員。

開場時間は9時から21時(最終日は16時)まで。

コメントは受け付けていません。