「サッチャー」大ヒットで中村玉緒がトークショー

【銀座新聞ニュース=2012年3月28日】東宝(千代田区有楽町 1-2-2、03-3591-1221)は3月29日にトーホー(TOHO)シネマズ日劇(千代田区有楽町2-5-1、有楽町マリオン11階、03-3574-1131)で「『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』 大ヒット」を記念して中村玉緒さんによるトークショーを開催する。

3月29日11時55分の「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」を上映前に、中村玉緒(なかむら・たまお)さんがマーガレット・サッチャーさんの格好をして登場して、トークショーを開く。

「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」は3月16日に全国205スクリーンで一般公開され、3日間の成績が動員13万4447人、興行収入が1億5771万円となり、7位に初登場した。

「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」は元イギリス首相のマーガレット・サッチャー(Margaret H.Thatcher)さんが1982年のフォークランド紛争に至るまでの17日間を回想を挟みながら描いた作品で、メリル・ストリープ(Meryl Streep)さんがマーガレット・サッチャーさんを演じ、アメリカのアカデミー賞主演女優賞を獲得している。

ウイキペディアなどによると、中村玉緒さんは1939年京都府京都市生まれ、父親が大映映画の脇役俳優で、歌舞伎役者の2代目中村鴈治郎(なかむら・がんじろう、1902-1983)、夫が俳優の勝新太郎(かつ・しんたろう、1931-1997)、長男が俳優の奥村雄大(おくむら・たけひろ)さん(現がん龍)。

1953年に「景子と雪江」で映画初出演、1954年に大映に入社、1960年代半ばまで脇役として活躍、1970年代はテレビドラマの脇役として活躍、1994年にバラエティ番組「明石家多国籍軍」などでボケキャラクターで人気を得て、現在は主演ドラマや主演舞台もこなしている。

料金は一般1800円、大高生1500円、シニア、中学生以下3歳以上1000円。

コメントは受け付けていません。