銀座ニコンで由良環展、森岡書店でも

【銀座新聞ニュース=2012年7月13日】ニコン(千代田区丸の内3-2-3、富士ビル、03-3214-5311)が運営する銀座ニコンサロン(中央区銀座7-10-1、03-5537-1434)は7月18日から7月31日まで由良環さんによる写真展「トポフィリア・シティーズ-アフター・サンライズ・ビフォアー・サンセット(TOPOPHILIA CITIES-After sunrise・Before sunset)」を開催する。
また、森岡書店(中央区日本橋茅場町2-17-13、第2井上ビル305号、03-3249-3456)でも7月23日から7月28日まで由良環さんによる写真展「トポフィリア・シティーズ-アフター・サンライズ・ビフォアー・サンセット(TOPOPHILIA CITIES-After sunrise・Before sunset)-都市の中へ」を開く。
写真家の由良環(ゆら・たまき)さんがパリ、ベルリン、ニュヨーク、北京、ニューデリー、イスタンブール、モスクワなど10都市を同一条件下で撮影した作品の写真集「トポフィリア・シティーズ-アフター・サンライズ・ビフォアー・サンセット(TOPOPHILIA CITIES-After sunrise・Before sunset)」(5250円)を7月18日に刊行するのを記念して、2カ所で個展を開く。
盛岡書店によると、展示する作品が異なり、「森岡書店と銀座ニコンサロン、2つの会場での雰囲気の違いを感じて頂けたら」としている。
「トポフィリア」とは中国生まれのアメリカの地理学者、イーフー・トゥアン(Yi Fu Tuan、1930年天津生まれ)さんが提唱した概念で、場所を表す「トポス(topos)」と、愛を表す「フィリア(philia)」を合わせた造語で、「場所への愛」あるいは「場所愛」などと訳されている。
由良環さんは2007年から10都市を選び、同一条件下で撮影し、長年、都市を撮影してきた本人の「都市とは」に対する「解釈」を反映した作品となっている。「出来上がった10都市の写真から匂い立つ空気は、そこに立った者にしか感じることのできないその都市の世界観であり、凝縮された姿」としている。
今回の条件は1)撮影は春か秋(一部の都市を除く)、2)各都市の都市を取り囲む環状線(環状道路、鉄道、城壁など)を基準に、そこから都市の中心へ向けて撮影をする、3)各都市およそ25地点(25日間)の撮影を行う、4)撮影時間は日の出1時間後と日の入り1時間前、5)カメラの高さは地面から1.6メートルで、水平を保つ、6)使用機材は4インチ×5インチのフィールドカメラ「コダックTXP320」(150ミリレンズ/絞り値F45)を使う、の6点だ。
1都市に25日間滞在し、日中は次の撮影地の下見に行き、黙々と街を歩き、自転車に乗り、バスや地下鉄を利用して、その都市の全体像を、感覚的に把握することに費やした、という。
由良環さんは1972年長野県長野市生まれ、東京造形大学建築専攻を卒業、在学中に建築をテーマとした絵画、インスタレーションを制作し、授業の課題で取り組んだ都市研究をきっかけに、東京の街を撮り始め、写真家を志す。
以後、一貫して都市をテーマに作品を撮り続け、31歳でフランスにわたり、パリで暮らし、2004年に「フィロソフィカル・アプローチ・トゥ・パリ(Philosophical approach to Pari)-哲学的考察・パリ」を制作、2006年に「シティ・エボルーション(City Evolutions)」を制作し、パリと東京で展示会を開いた。2007年より世界の10大都市で撮影をはじめ、2011年秋に10都市目のモスクワの撮影を終えた。
銀座ニコンサロンの開場時間は10時30分から18時30分(最終日は15時)、入場は無料。盛岡書店の開場時間は13時から20時、入場は無料。

コメントは受け付けていません。