丸善日本橋で近代写真特集、A・アダムス、ブレッソン、ウォーホル等

(過去の記事については店舗名や個人名などを検索すると見られます)
【銀座新聞ニュース=2014年6月4日】丸善・日本橋店(中央区日本橋2-3-10、03-6214-2001)は6月1日から30日まで3階ワールド・アンティーク・ブック・プラザで「写真特集 近代日本橋写真」を開いている。

「ワールド・アンティーク・ブック・プラザ」は丸善や雄松堂(ゆうしょうどう)書店など世界11カ国から22社のアンティーク・ブックショップが集合して開設し たもので、国際古書籍商連盟の元会長、オーストリアのシュタインバッハ(Michael Steinbach)さんが総支配人に就任している。

ヨー ロッパの旧市街にある書店のような雰囲気の中で、文化遺産として知られている著名なアンティーク・ブックを収集する喜びや、売買の仕方などについてシュタインバッハさんと会話したり、ワインやコーヒーを飲みながら会話を楽しんでもらえる場としている。2013年3月から毎月、テーマを決めてイベントを開い ている。

6月は「写真特集」で、明治から近代の日本の風景や人々を写した稀少な古写真から、20世紀の移り変わりを撮らえた写真集、署名入りや限定版などを展示販売する。

アメリカの写真家、ウィード(Charles Leander Weed、1824-1903)が撮影した「横浜・鎌倉」居留地含む写真6枚組(1867年)、「明治初期上流階級肖像写真」(31枚プライベートアルバム)、フェゲライン(Fegelein)の撮影した「私たちの日本アルバム」(1894年)。

蒔絵(まきえ)古写真アルバム(撮影者不明)、吉川清(よしかわ・きよし)の「日本の風景アルバム」(1925年、ただし、高木庭次郎(たかぎ・ていじろう、生没年不詳)の同名タイトルの写真集の海賊版の可能性がある)、「ベルリン画報Vol.28/1919-29/1920」、アメリカの写真家、アンセル・アダムス(Ansel Adams、1902-1984)の撮影した「滝」オリジナル・プリント(1925年)。

ドイツの写真家、ブロスフェルト(Karl Blossfeldt、1865-1932)が撮影した「自然の驚異の庭」(1932年)、フランスの写真家、アンリ・カルティエ=ブレッソン(Henri Cartier-Bresson、1908-2004)の撮影した「決定的瞬間」(初版、1952年)、「ヨセフ・スーデック(Josef Sudek、1896-1976)写真集」(初版、1956年)、アンセル・アダムスが撮影した「ヨセミテ国立公園のテナヤ湖」(オリジナル・プリント、1960年代)。

アメリカの画家、芸術家のウォーホル(Andy Warhol、1928-1987)の「ブルームービー」(初版、署名入り、1970年)、アメリカの写真家、ユージン・スミス(William Eugene Smith、1918-1978)とアイリーン・美緒子・スミス(Aileen M.Smith)さん夫妻が撮影した「ミナマタ」(初版、署名入り、1975年)、アメリカの写真家、メイプルソープ(Robert Mapplethorpe、1946-1989)が撮影した「劇的狂気の力」(署名入り、1986年)などだ。

開場時間は10時から20時(最終日は17時)まで。入場は無料。

コメントは受け付けていません。