東映「ムーミン谷」特別上映で宮沢りえ、森川智之ら挨拶

【銀座新聞ニュース=2017年10月29日】映画の制作、配給、興行の大手、東映(中央区銀座3-2-17、03-3535-4641)は11月14日18時30分から丸の内TOEI(中央区銀座3-2-17、03-3535-4741)で「ムーミン谷とウィンターワンダーランド」のジャパンプレミアを開く。

12月2日から一般公開される「ムーミン谷とウィンターワンダーランド」((C)Filmkompaniet/Animoon Moomin Characters TM)。

「ムーミン」シリーズの劇場版パペット(人形)アニメ「ムーミン谷とウィンターワンダーランド」が12月2日から一般公開されることから、その前の11月14日18時30分からジャパンプレミアを開き、上映前に日本語版で「ムーミントロール」の声優を担当した宮沢(みやざわ)りえさん。

「ムーミンパパ/ヘムレン」を担当した森川智之(もりかわ・としゆき)さん、「ムーミンママ/リトルミイ」を担当した朴路美(ぱく・ろみ)さん、主題歌を歌い、ムーミンにクリスマスのお祝いを告げる「赤いリス」役のサラ・オレイン(Sarah Àlainn)さんが舞台に登場してあいさつする。

「ムーミン谷とウィンターワンダーランド」は「劇場版ムーミンパペット・アニメーション-ムーミン谷の夏まつり」(2008年)、「劇場版ムーミン谷の彗星パペット・アニメーション」(2010年)に続く、パペット・アニメの劇場版シリーズ第3弾で、1978年から1982年にトーベ・ヤンソン監修の下、フィンランドでテレビシリーズとして制作されたパペットアニメを再編集し、カラー補正などを加えた劇場版だ。

物語は冬のムーミン谷が舞台で、冬になれば春まで長い眠りにつくムーミン一家だが、好奇心いっぱいのムーミントロールは、まもなく訪れる冬を感じるため外へ出かけ、そこで初めて「クリスマス」の存在を知る。

ウイキペディアによると、ムーミンはフィンランドの作家トーベ・ヤンソン(Tove Marika Jansson、1914-2001)の絵本シリーズ「ムーミン・シリーズ」に出てくるキャラクターだ。ムーミンの原型となるキャラクターは小説執筆以前にもたびたび描かれていたが、小説として初めて登場するのは1945年にスウェーデン語で著された「小さなトロールと大きな洪水」で、1953年から英国の大衆紙「イブニング・ニューズ」にムーミントロールのマンガが毎週連載された。

ムーミンシリーズは1975年までに73作のコミックが刊行され、イラストはトーベ・ヤンソンが13点、残りは弟のラルス・ヤンソン(Lars Jansson、1926-2000)がイラストから物語まですべてを手がけ、1980年にフィンランド連載マンガ家連盟から賞を受けた。

また、トーベ・ヤンソンは「ムーミン・シリーズ」として1945年から1970年までに計9作品の小説を書き、日本ではテレビ東京系列で1990年からアニメ「楽しいムーミン一家」が放送され、ラルス・ヤンソンとトーベ・ヤンソンが制作段階から関わり、とくにコンセプト作りや内容の監修は主にラルス・ヤンソンが担当した。

ラルス・ヤンソンの娘のソフィア・ヤンソン(Sophia Jansson、1962年生まれ)さんは、1993年に新聞マンガをまとめた新しいシリーズの立ち上げに際して父親に協力し、現在はムーミンのキャラクターの管理会社「ムーミンキャラクターズ (Oy Moomin Characters,Ltd)」のクリエイティブディレクター兼会長を務めている。

ムーミントロールたちは、フィンランドのどこかにあるとされる妖精たちの住む谷・ムーミン谷に住んでおり、ムーミン谷には、東に「おさびし山」がそびえ、その麓から川が流れている。その川にはムーミンパパの作った橋がかかっていて、その橋の先にムーミン屋敷がある。ムーミン屋敷の北側には、ライラックの茂みがあり、西は海に面し、桟橋の先には水浴び小屋がある。

チケットは「最速抽選プレミアム」が28日11時から11月1日11時まで販売され、「先行抽選」が30日11時から11月2日11時まで販売される。3日10時から一般発売される。料金は2000円。

注:「朴ろ美」の「ろ」は「路」に「王」へんに足した漢字です。

コメントは受け付けていません。