銀座ロフトで大正「リポアルコベール」試飲販売会

【銀座新聞ニュース=2018年11月30日】大手流通グループ、セブン&アイ・ホールディングス傘下の株式会社そごう・西武(千代田区二番町5-25、二番町センタービル)グループの生活雑貨店「ロフト」をチェーン展開する株式会社ロフト(千代田区二番町5-25、二番町センタービル、03-5210-6210)は12月1日から14日まで銀座ロフト(中央区銀座2-4-6、銀座ベルビア館、03-3562-6210)4階のホームソリューション売場で「リポビタンアルコベール試飲販売会」を開く。

12月1日から14日まで銀座ロフトで試飲販売会が開かれる「リポビタンアルコベール」。

市販薬の最大手メーカーの大正製薬ホールディングス(豊島区高田3-24-1、03-3985-2020)傘下の大正製薬(豊島区高田3-24-1、03-3985-1111)が11月から東海地区と九州地区で販売している「リポビタンアルコベール」(希望小売価格税別200円)を関東地区で初めて販売するもので、期間中、1万本を用意し、各日700人が試飲できる。

「リポビタンアルコベール」は1本中(50ミリリットル)に果糖ぶどう糖液糖(国内製)、乳等を主要原料とする食品、肝臓エキス(豚)、デキストリン、植物性乳酸菌(殺菌)、ウコンエキスに加え、香料、安定剤(ペクチン)、ウコン色素、保存料(安息香酸)、クエン酸を添加した清涼飲料水で、飲みやすいようにパイナップル風味にしている。

ウイキペディアによると、「リポビタンD」は大正製薬が1962年3月から「医薬品」として販売している栄養ドリンク剤で、1999年3月31日より「医薬部外品」へ移行し、2009年6月からは改正薬事法により「指定医薬部外品」となり、コンビニなどの一般小売店でも販売可能となった。

2003年度末までに累計出荷本数が200億本を突破している。2004年には年間約8億本が生産され、日本の栄養ドリンク市場において約50%のシェアを確保している。2018年現在、リポビタンシリーズは全20種類(うち指定医薬部外品16種類)が販売されている。

時間は16時から21時。試飲するだけでなく、希望者には販売する。

コメントは受け付けていません。