串カツ田中、記念日にキャンペーン、全品100円、食べ放題など

【銀座新聞ニュース=2019年11月1日】串カツ田中ホールディングス傘下の串カツ田中(品川区東五反田1-7-6、藤和東五反田ビル、03-5449-6410)は11月1日から11日まで「串カツ田中銀座店」(中央区銀座7-3-13、03-6264-5094)など全店(一部除く)で「『串カツ田中の日』キャンペーン」を開いている。

11月1日から11日まで「串カツ田中銀座店」など全店で行われる「串カツ田中の日』キャンペーン」のフライヤー。

串カツ田中は2015年から毎年「11月11日は串カツ田中の日」としている(一般社団法人日本記念日協会が認定)。

これに合わせて、11月1日から11日まで一部の店(1日から8日は新橋店、有楽町店は対象外、9日から11日は有楽町店が対象外)を除いて、全店で1日から8日まで「串カツ全品100円」(税抜き、牛ヒレ、カニ爪を除く)、9日と10日で「串カツ全品食べ放題1480円」、11日は「串カツ食べ放題1111円」(牛ヒレ、カニ爪を除く)を実施している。

9日から11日は1日各店舗で20人限定で、前日までの予約が必要となる。また、980円を追加すると、アルコール飲み放題(680円でソフトドリンク飲み放題)をつけることもできる。

昨年は19時入店までなど利用時間を制限していたが、今回は入店時間の制限をなくした。

串カツ田中は1998年11月に創業、2008年12月に直営1号店を開店、2016年4月に東証マザーズに上場し、2019年6月に東証1部に上場している。現在、263店舗(うち、フランチャイズ店が145店舗)を運営し、既存店売上高は3月から9月まで7カ月連続して前年実績を下回っている。

2018年11月期の売上高は前年度比38.7%増の76億6700万円、営業利益が同44.4%増の5億5900万円、経常利益が同35.2%増の7億300万円、純利益が同43.4%増の4億6900万円。

コメントは受け付けていません。