ウェルカムがCIBONE CASEで嘉手納重広展、木と磁石を組み合わせ

【銀座新聞ニュース=2020年1月8日】輸入食品の販売店「DEAN&DELUCA」などの小売店や飲食業を運営する株式会社ウェルカム(渋谷区神宮前2-4-11、Daiwa神宮前ビル、03-5770-7372)は1月8日から2月4日までライフスタイルショップ「CIBONE CASE」(中央区銀座6-10-1、GINZA SIX、03-5537-3101)で、嘉手納重広さんによる「28 Floating Arcs in the air Shigehiro Kadena」を開いている。

ウェルカムが2月4日まで「シボネケース(CIBONE CASE)」で開催中の「28フローティング・アークス・イン・ジ・エアー(Floating Arcs in the air)」に出品されている作品。

沖縄出身の木工作家、嘉手納重広(かでな・しげひろ)さんが木工と磁石という、異素材を組み合わせた作品を「28 フローティング・アークス・イン・ジ・エアー(Floating Arcs in the air)」と題して展示販売している。

嘉手納重広さんは沖縄出身という以外に略歴を公表していない。

「シボネケース(CIBONE CASE)」はライフスタイルショップで、嘉手納重広さんの作品も販売している。

8日17時から20時、11日13時から17時に嘉手納重広さんが来場する。

開場時間は10時30分から20時30分(最終日は17時)まで。

コメントは受け付けていません。