ピカデリ「弱虫ペダル」、永瀬廉、伊藤健太郎ら舞台挨拶

【銀座新聞ニュース=2020年8月21日】国内映画業界第3位の松竹(中央区築地4-1-1、東劇ビル、03-5550-1533)は8月25日に丸の内ピカデリー(千代田区有楽町2-5-1、有楽町マリオン、050-6875-0075)で映画「弱虫ペダル」の公開を記念して、永瀬廉さんや伊藤健太郎さんらによる舞台あいさつを開く。

現在、一般公開中の「弱虫ペダル」((C)(C)2020映画「弱虫ペダル」製作委員会 (C)渡辺航(秋田書店)2008)。

「弱虫ペダル」は8月14日に全国339スクリーンで一般公開され、興行通信社によると、土日2日間で動員10万5000人、興収1億3800万円を記録し、5位にランクされた。

この公開を記念して、25日16時25分の回上映終了後に、主人公の高校生「小野田坂道」役の永瀬廉(ながせ・れん)さん、同じ高校の自転車競技部のライバル「今泉俊輔」役の伊藤健太郎(いとう・けんたろう)さん、同じ高校の自転車競技部の「鳴子章吉」役の坂東龍汰(ばんどう・りょうた)さんが舞台に登場してあいさつする。

「弱虫ペダル」はマンガ家の渡辺航(わたなべ・わたる)さんが週刊マンガ誌「週刊少年チャンピオン」(秋田書店)に2008年12号から連載している、サイクルロードレースに青春をかける高校生たちを描いた作品で、その後、単行本化され、2020年8月まで68巻が刊行され、2020年8月時点で2500万部以上が刊行されている。

2012年に舞台化され、2013年10月から2014年6月までテレビアニメ第1期がテレビ東京系で放送され、2014年10月から2015年3月まで第2期、2017年1月から6月まで第3期、2018年1月から6月まで第4期が放送された。2015年に第39回講談社漫画賞・少年部門を受賞した。

物語は運動が苦手で友達がいないアニメ好きの高校生・小野田坂道だが、ひょんなことから高校の自転車競技部に入り、自転車選手として思わぬ才能を発揮する。初めてできた仲間のために、自分の限界や壁を越えてともに走る喜びを見いだしていく。

チケットはチケットぴあを通じて22日10時から一般発売する。料金は全席指定で2100円。

コメントは受け付けていません。