資生堂パーラーで「ハロウィンショコラ」

(ハロウィンについては、情報のみ書きます)
【銀座新聞ニュース=2018年10月10日】国内最大手の化粧品メーカー、資生堂(中央区銀座7-5-5、03-3572-5111)が運営する「資生堂パーラー銀座本店」(中央区銀座8-8-3、東京銀座資生堂ビル、03-5537-6241)は10月31日までハロウィン限定スイーツ「ハロウィンショコラ」を販売している。

資生堂パーラー銀座本店で10月31日まで販売している「ハロウィンショコラ」。

「ハロウィンショコラ」はホワイトチョコレートにかぼちゃパウダーを練り込んだ「パンプキン」、ホワイトとミルクチョコレートのブレンドチョコレートにドライアップルやキャラメルパウダーを練り込んだ「キャラメルアップル」、ほろ苦い「ビター」のドーム型クランチチョコレートの3種を詰め合わせている。

ハロウィンの夜、お墓に集まってきた仲間たちを描いたパッケージはオオカミとコウモリが描かれている5個入り(税込594円)、ネコが描かれている10個入り(1080円)がいずれもお墓型で、20個入り(2160円)はお墓に集合した仲間たちが描かれた丸型の缶で提供している。どのパッケージにもコウモリのチャームが付いている。

コメントは受け付けていません。