日印映画交流でZ・アクタルと「スーパースター」のA・カーン挨拶

【銀座新聞ニュース=2019年8月29日】映画配給会社のフィルムランド(渋谷区恵比寿南2-2-2、03-5722-6767)とカラーバード(目黒区上目黒3-10-3、メイツ扶翼中目黒、03-6451-2885)は9月11日に丸の内ピカデリー(千代田区有楽町2-5-1、有楽町マリオン、03-3201-2881)で「シークレット・スーパースター」のプロデューサーで出演者のアーミル・カーンさんらによるトークショーを開く。

現在、公開中の「シークレット・スーパースター」((C)AAMIR KHAN PRODUCTIONS PRIVATE LIMITED 2017)。

9月11日18時30分の回上映終了後に、インド映画界のスターで、今回の映画のプロデューサーで、映画の中で音楽プロデューサー「シャクティ・クマール」役で出演しているアーミル・カーン(Aamir Khan、1965年生まれ)さんと、2011年に「人生は一度だけ」を監督し、フィルムフェア賞最優秀監督賞を受賞した映画監督のゾーヤー・アクタル(Zoya Akhtar、1972年生まれ)さんが舞台に登場してあいさつする。

今回のイベントは、国際交流基金アジアセンター(新宿区四谷4-16-3、03-5369-6025)が日本とインドの映画交流を活発化するために開くもので、「シークレット・スーパースター」のプロデューサーで映画に出演しているアーミル・カーンさんと、10月に日本で公開予定の「ガリーボーイ」を監督したゾーヤー・アクタルさんを招いて、日本の映画関係者との交流事業の一環として実施する。

「シークレット・スーパースター」は正体を隠してユーチューブ(YouTube)で歌手活動を行う歌手志望の少女を主人公に両親と恩師の関係を描き、フェミニズムや男女同権、ドメスティックバイオレンスなどの社会問題を取り上げている。2017年にインドで公開され、インド映画史上もっとも高い収益を上げた映画のひとつになっている。

ウイキペディアによると、興行収入は98億ルピー(約150億円)以上で、6000%以上の投資利益率を記録している。女性を主人公にしたインド映画としても、もっとも高い興行成績を記録し、2017年公開のボリウッド映画(インド映画)興行成績で第1位、インド映画歴代世界興行成績で第3位、インド映画海外興行成績第2位を記録している。

物語はインド最大の音楽賞のステージで歌うことを夢見る14歳の少女インシア(ザイラー・ワシーム=Zaira Wasim、2000年生まれ=さん)だが、厳格な父親から現実味のない夢だと大反対され、歌うことを禁じられてしまう。それでも歌をあきらめられないインシアは、顔を隠して歌った動画をこっそりと動画サイトにアップする。ネットを通じて彼女の歌声は大人気を博す。やがてインシアは、落ち目の音楽プロデューサー、シャクティ・クマールと出会うことになるが。

チケットはチケットぴあを通じて先行抽選を受付中で、30日11時締め切り。31日10時から一般発売する。

コメントは受け付けていません。