丸善丸の内で、高畠純「キス・スキ」原画展

【銀座新聞ニュース=2021年2月12日】大手書籍販売グループの丸善CHIホールディングス(新宿区市谷左内町31-2)傘下の丸善ジュンク堂書店(中央区日本橋2-3-10)が運営する丸善・丸の内本店(千代田区丸の内1-6-4、丸の内オアゾ、03-5288-8881)は3月11日まで3階児童書売場壁面ギャラリーで、高畠純さんによる「キス・スキ」原画展を開いている。

丸善・丸の内本店で3月11日まで開かれている高畠純さんの「キス・スキ」原画展に展示されている表紙。

2020年12月3日に高畠(たかばたけ)純さんがイラストを手掛けた「キス・スキ」(文章は越野民雄さん、講談社、書籍税別1500円、電子版1200円)が刊行されたのを記念して原画展を開いている。

絵本ナビによると、「キス・スキ」はたくさんの動物とキスする絵本で、鼻の先っぽでくんくんしてるのは、ワンちゃんで、スキをねらって「ワンキッス」!思わず「モーやめて」って言いたくなるのは大きなうしさん。その顔は怖いし、痛そうだし、いくら愛でも受け止め難いヒョウのキス。ながーい舌に、高すぎる首、大きすぎる口。これいったいどうやってキスするの?

軽やかで、思わずクスっとしてしまう越野民雄さんの文章。画面ギリギリまで寄ってくる大迫力の動物たちの顔面、これは高畠純さん。彼らのまっすぐな瞳に吹き出しそうになりながら、愛情が存分に伝わってくるという。

高畠純さんは1948年愛知県名古屋市生まれ、愛知教育大学美術科を卒業、1983年に「だれのじてんしゃ」でボローニャ国際児童図書展でグラフィック賞、「だじゃれレストラン」(2007年)、「だじゃれどうぶつえん」(1999年)などの「だじゃれ」シリーズ(文章は中川ひろたかさん)、「ペンギンたんけんたい」(1991年)などの「ペンギン」シリーズ(文章は斉藤洋さん)などの作品があり、2011年に「ふたりのナマケモノ」で第42回講談社出版文化賞絵本賞を受賞している。

開場時間は9時から21時(最終日19時)まで。

コメントは受け付けていません。