丸善丸の内で渡辺禎雄「型染版画」展、聖書の心と日本美

【銀座新聞ニュース=2018年1月18日】大手書籍販売グループの丸善CHIホールディングス(新宿区市谷左内町31-2)傘下の丸善ジュンク堂書店(中央区日本橋2-3-10)が運営する丸善・丸の内本店(千代田区丸の内1-6-4、丸の内オアゾ内、03-5288-8881)は1月19日から25日まで4階ギャラリーで渡辺禎雄による「世界に誇る日本の美と聖書の心の結実 第14回型染版画展」を開く。

丸善・丸の内本店で1月19日から25日まで開かれる渡辺禎雄の「世界に誇る日本の美と聖書の心の結実 第14回型染版画展」に展示される作品。

独自の型染め版画でキリスト教の精神を描き、2018年に没後22年を迎えた渡辺禎雄(わたなべ・さだお、1913-1996)の作品展で、作品はバチカンのシスティーナ礼拝堂に10点が飾られている。

渡辺禎雄は戦後、版画家として歩み、およそ50年の間に手すきのもみ紙によるカラーの大判作品を型紙だけでも数百点、染めた版画枚数にして数千枚、無限定の小品は数え切れないほどの多くの作品を制作してきた。それらの多くは、国内はもとより海外、主にアメリカで受け入れられ、熱心な愛好家を生みだしている。今回も「世界に誇る日本の美と聖書の心の結実」との副題で、聖書を描いた作品を展示販売する。

「フィリア美術館」(山梨県北杜市小淵沢町上笹尾3476-76)のHPによると、渡辺禎雄は10代半ばから働き、職業を転々としたが、24歳の時に染物屋での紋様の下絵を描く仕事に就き、創作版画としての「型染め版画」と出会い、柳宗悦(やなぎ・そうえつ、1889-1961)の「民芸運動」の影響を受けながら、「聖書」の世界を描いた。

しかも、聖書を題材としながらも菊や朝顔など日本の草花を登場させたり、食卓に寿司やタイの尾頭付きを並べたり、うちわを手にした人を描いたりと、日本の文化を組み合わせ、独自の世界を表現した。

「型染め版画」とは伝統的な染色の技法を使った版画で、着物などを染める際に型紙を使って布の上に防染糊を置き、染色するが、その技法を版画に応用したのが型染め版画だ。布の代わりに和紙(または合成紙)に染色していくが、その際に、最初に染めない部分に糊を置くという方法を用いる。

渡辺禎雄は1913年東京都生まれ、1941年に染色工芸家の芹沢銈介(せりざわ・けいすけ、1895-1984)に師事し、1947年に第1回日本民芸館賞を受賞、アメリカ・ニューヨークのセント・ジェームズ教会主催の「現代日本画展」にて1等賞を受賞、1970年代以降にアメリカ、ヨーロッパ各地で作品展を開き、1993年に日本キリスト教文化協会より文化功労賞を受賞、1996年に死去した。2004年にローマ日本文化会館の主催により個展を開いている。生涯に約1000点の型染め版画を制作した。

開場時間は9時から21時(最終日は17時)まで、入場は無料。

新年に2回も着物、評判がいいし、楽しかったのでもっと着るよ(247)

【tamaoのOL独り言=2018年1月18日】あけましておめでとうございます。ずいぶん遅い?ごあいさつです。年末年始は皆さま楽しく過ごしたのでしょうか?昨年の忙しさが新年までついてきて本当にあっという間の正月休みでした。でも、その間に今年は着物を2回着ましたよー!

髪飾りです。今のヘアーサロンの人は紐が結べなくて、結んでくれた着付師に便利ですねーって感心されました。

今時着物なんてと思いつつ、でもあるのなら久しぶりに着ようかなと思って着たら、思いがけず評判がよろしい。

1回はパーティで、もう1回はお茶の初釜で着たのだけれど、その2回をこなせればなんでも着物でいけそうな気がしてしまった。また、持っている着物で着ていないものがあったり、こんな風に組み合わせたらどうか?など楽しかったので、今年は頑張って着てみようかと思っちゃった。

そんな矢先に成人式の晴れ着問題が起きちゃって、残念という思いと、でも善意の方々の素敵な提案に心が温かくなったよね。

成人式は地元のお祝いだから、地元を離れている人にとっては、地元の友達と会う絶好のチャンスだもんね。だけど今時の子だったら、それをネタにできそう、頑張れ!私も成人式には着物を着たかな?着てないかも。だからこそ、今頃になって着たいなと思うのかもね。人間はないものねだりだから。

そうそう、当時は着物か毛皮のコートとかいって、結局毛皮のコートを買ってもらったんだっけ。あー、毛皮のコートも着ていないなー。

年末に近所の質屋さんに、町内会の会費を届けに行ったら、毛皮のコートがいっぱいあっておいくら?と見たら48万円っていうから、やっぱり高いと思いつつ試しに着てみようかと手を伸ばして再度値札を見たら4万8000円だったの!ビックリ!でも質屋のお兄さんによると買い手がいないんですって。

そりゃ、東京じゃ毛皮の出番ないよねー。暖かいもん。それに毛皮凄く重いの。4万8000円だったら、結構なブランドのコートより安いけどね。羽毛の軽さに慣れた庶民にはもったいないけど買えませーん!

今年もいろんなことが起こりそうですね。おつきあいのほど、よろしくお願い致します(敬称略、中堅企業に勤めるOLのタマオさんが日常の生活について思っていることを不定期に書きます。注書きは著者と関係ありません)。

丸の内TOEI「星めぐりの町」初日に小林稔侍、壇蜜ら舞台挨拶

【銀座新聞ニュース=2018年1月18日】映画配給会社のファントム・フィルム(渋谷区代々木1-11-2、代々木コミュニティビル、03-6276-4035)は1月27日からに丸の内TOEI(中央区銀座3-2-17、03-3535-4741)で「星めぐりの町」の初日に、小林稔侍さん、壇蜜さんらによる舞台あいさつを開く。

1月27日から一般公開される「星めぐりの町」((C)2018 豊田市・映画「星めぐりの町」実行委員会)。

27日9時30分の回上映終了後に、監督の黒土三男(くろつち・みつお)さんをはじめ、「島田勇作」役の小林稔侍(こばやし・ねんじ)さん、島田勇作の娘「志保」役の壇蜜(だんみつ)さん、料理屋結城の女将「弥生」役の高島礼子(たかしま・れいこ)さんが舞台に登場してあいさつする。

「星めぐりの町」は愛知県豊田市在住の映画監督、黒土三男さんの原案、オリジナル脚本を自ら映画化した作品だ。

物語は早くに妻を亡くし、娘の志保と2人で暮らす島田勇作だが、豆腐屋を営む勇作は毎朝、手間と時間をかけて作った豆腐を近所の主婦や料理屋に届ける生活を続けていた。ある日、勇作のもとに亡き妻の遠縁にあたる少年・政美(荒井陽太=あらい・はるた=さん)がやって来る。

東日本大震災での津波により家族全員を失い、心に傷を負った政美を勇作はただ静かに見守り続け、政美は自然に根ざした勇作との暮らしから少しずつ心を再生させていった。そんなある日、勇作が配達に出ている最中、町を大きな揺れが襲った。1人で留守番をしていた政美は震災の恐怖がよみがえり、忽然と姿を消してしまう。

黒土三男さんは1947年熊本県生まれ、立教大学法学部を卒業、木下恵介(きのした・けいすけ)プロダクションに助監督として2年間所属し、以後、独立してフリーの映画監督、脚本家として活躍し、1978年にTBS系「コメットさん」で脚本家としてデビュー、1988年に「とんぼ」と「うさぎの休日」で第7回向田邦子(むこうだ・くにこ)賞、1989年に「オルゴール」で映画監督デビュー、自身がメガホンを取った作品は自ら脚本を手がけている。

山田洋次(やまだ・ようじ)さんの監督作品「幸福の黄色いハンカチ」で脚本家の一人として参加し、2006年5月に映画「蝉しぐれ」の撮影時に出会った庄内平野のお米を応援する「庄内米ファンクラブ」の初代会長に就任、2011年7月より放送の水戸黄門第43部で脚本として参加している。2011年3月の東日本大震災時に千葉県浦安市に暮らし、地面の液状化現象で自宅が半壊し、その後,姉や兄が暮らす愛知県豊田市に移住した。2016年に「ふつうが一番-作家・藤沢周平 父の一言」を監督した。

チケットはチケットぴあを通じて、先行抽選を発売中で19日11時締め切り。20日11時から一般発売する。料金は一般2000円、大学生1700円、高校生以下3歳以上1200円、シニア1300円、障がい者1200円。

東宝17年映画、4年ぶりの600億円台に減、前年の反動

【銀座新聞ニュース=2018年1月18日】阪急阪神東宝グループで、映画の制作配給、演劇の興行などの大手、東宝(千代田区有楽町1-2-2、03-3591-1221)は1月17日、2017年の映画営業部門興行成績(速報ベース)が前年比27.4%減の620億2311万円と、2013年以来4年ぶりに前年を下回ったと発表した。

現在、公開中の「映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活」((C)LEVEL-5/映画「妖怪ウォッチ」プロジェクト 2017(C)水木プロ・東映アニメーション)。

過去の映画営業部門興行成績をみると、2013年が同9.2%減の673億2289万円、2014年が同8.4%増の729億6541万円、2015年が同0.3%増の731億5117万円、2016年が同16.8%増の854億2671万円と3年連続で700億円を超え、とくに2016年に「君の名は。」が大ヒットもあって歴代1位の800億円超をあげた。しかし、2017年は配給作品数が少ないこともあって、2013年以来の600億円台にとどまった。

12月を見ると、映画営業部門興行成績(速報ベース)が前年比45.7%減の39億7351万円で、5カ月続けて前年同月を下回った。12月は例年、3月や8月と並んで観客動員数がもっとも多い需要期で、過去をみると、2012年に42億円だったが、2013年に99億円、2014年に102億円、2015年に67億円、2016年に72億円と2013年から60億円を超えて推移してきた。しかし、2017年12月はアニメ「君の名は。」の反動減や配給した作品数が少ないこともあって、2012年以来の40億円前後にとどまった。

新作は12月9日に公開された「デスティニ(DESTINY)鎌倉ものがたり」、16日公開の「映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活」、23日公開の「未成年だけどコドモじゃない」の3作品だった。

一方、トーホー(TOHO)シネマズ、関西共栄興行、スバル興業という連結3社と東京楽天地、オーエスの持分法適用2社を合わせた5社ベースの東宝グループの映画館(678スクリーン)の12月の入場料収入(売店収入は除く)は同10.3%減の55億9296万円だった。2013年6月発表からトーホーシネマズ直営館の入場料収入と東宝グループの入場人員を公表するのを止めている。

12月の配給作品数は11月よりも1点少ない6作品だった。

興行通信社の映画興行ランキングによると、12月2日、3日の週は「火花」が2週目5位、「ラストレシピ‐麒麟の舌の記憶」が5週目9位と前の週と同じく10位以内は2作品だった。

9日、10日の週は「デスティニ(DESTINY)鎌倉ものがたり」が初週2位、「火花」が3週目9位と前の週と同じく2作品だった。

16日、17日の週は「映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活」が初週2位、「デスティニ 鎌倉ものがたり」が2週目4位と前の週と同じく2作品だった。

23日、24日の週は「映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活」が2週目2位、「デスティニ 鎌倉ものがたり」が3週目4位、「未成年だけどコドモじゃない」が初週5位と前の週より1点増えて3作品だった。

30日、31日の週は「映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活」が3週目2位、「デスティニ 鎌倉ものがたり」が4週目4位、「未成年だけどコドモじゃない」が2週目7位と前の週と同じく3作品だった。

配給作品は「ラストレシピ‐麒麟の舌の記憶」、「火花」、「ミックス。」、「デスティニ 鎌倉ものがたり」、「未成年だけどコドモじゃない」、「映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活」の6作品。

TOHO日本橋「風の色」古川雄輝、 藤井武美ら挨拶

【銀座新聞ニュース=2018年1月17日】映画配給会社のエレファントハウス(港区虎ノ門3-19-7、大手ビル、03-6452-8765)、アジアピクチャーズエンタテインメント(港区芝浦2-14-13、加瀬ビル161、03-3452-2211)、カルチャヴィル(渋谷区猿楽町24-7、代官山プラザ)は1月26日からTOHOシネマズ日本橋(中央区日本橋室町2-3-1、コレド室町2、050-6868-5060)で「風の色」の初日に古川雄輝さん、 藤井武美さんによる公開記念舞台あいさつを開く。

1月26日から一般公開される「風の色」((C)「風の色」製作委員会)。

26日14時30分の回上映前に、1人2役のマジシャン「涼/隆」役の古川雄輝(ふるかわ・ゆうき)さん、1人2役の「川口ゆり/最上亜矢」役の藤井武美(ふじい・たけみ)さん、マジシャンのMr.マリック(みすたー・まりっく)さんが舞台に登場してあいさつする。

「風の色」は韓国の映画監督、クァク・ジェヨン(郭在容)さんが原案、脚本、監督を手がけた作品で、鬼塚忠(おにつか・ただし)さんとクァク・ジェヨンさんが2015年11月に講談社から単行本が刊行され、2017年11月に文庫本化されている。北海道・知床と東京を舞台に、2組の男女の時空を超えた愛を幻想的に描いたラブストーリーとしている。藤井武美さんは1万人のオーディションの中から選ばれている。

物語は東京で暮らす青年・涼が、亡くなった恋人ゆりとの思い出の品々を思いがけず手にしたことをきっかけに、マジシャンになることを決意し、ある日、自分と生き写しの人間がいることに気づいた涼は、生前のゆりの不思議な言葉に導かれるように北海道へ向かう。その旅の途中で、涼はゆりと瓜二つの女性・亜矢と出会う。亜矢もまた、2年前の事故で行方不明になった恋人で涼にそっくりな天才マジシャン・隆との再会を願っていた。

チケットはチケットぴあを通じて先行抽選を販売中で、18日11時締め切り。料金は2000円均一。