ヴァニラで雛菜雛子「処女の王国の結末は死」展

【銀座新聞ニュース=2018年10月22日】ヴァニラ画廊(中央区銀座8-10-7、東成ビル、03-5568-1233)は10月23日から28日まで雛菜雛子さんによる「雛譚・雛菜雛子展-H美学に反する処女の王国」を開く。

ヴァニラ画廊で10月23日から28日まで開かれる雛菜雛子さんの「雛譚・雛菜雛子展-H美学に反する処女の王国」に出展される作品。

2012年の「第1回ヴァニラ画廊大賞」で、「ヴァニラ賞」を受賞した中田雛子(なかだ・ひなこ)さんこと、雛菜雛子(ひなな・ひなこ)さんが5年ぶりに2度目の個展を「雛譚(ひなたん)・雛菜雛子展-H美学に反する処女の王国」と題して開く。

雛菜雛子さんによると、この個展については、「死の中にある王国・ヒナコルメル」の物語という。「ぬいぐるみと人形と/ひとりの王国に暮らす処女/ひとりの王国はこの世の終わりヒナコルメル/死の中にあります/死の中の王国から/あらゆる死の記念碑がやってきました/聖なる油彩画、人形、イコン、秘密の宝物・・・その中心に祀られているのは処女?人形?/さあ貴方の葬儀をはじめましょう/わたしたちの結末は死です」としている。

ヴァニラ画廊は「雛菜雛子は少女の内側に潜んだ暗黒面、自慰的な死、ナルシシズムなど、儚(おぼろ)げな闇の世界を『癒し』として描いてきた」という。「まぶしすぎる光だけでは成しえない、暗くよどんだ闇に身を浸すことでしか得られない癒し。その闇を必要とする人々に作品を届けるのが、雛菜雛子の背負った宿命」としている。今回の個展では、新作の大作油彩画や繊細で妖艶な立体作品などを発表する。

雛菜雛子さんは1987年生まれ、女子美術大学を卒業、2012年9月より本格的に制作をはじめ、2012年12月から作品「ヒナコルメル少女学館」において地下アイドル活動や実店舗ギャラリーサロンを主宰する。2017年に京都で個展「ヒナコルメルお姫様王国・雛菜雛子展」を開いている。

開場時間は12時から19時(土曜日、日曜日17時)まで。入場は無料。

編集注:「処女」の「処」は正しくは旧漢字です。名詞は原則として現代漢字(常用漢字)を使用しています。

ゼネラルオイスターがハロウィンプレート

(ハロウィンについては、情報のみ書きます)
【銀座新聞ニュース=2018年10月21日】オイスターバーをチェーン展開するゼネラル・オイスター(旧ヒューマンウェブ、中央区日本橋茅場町2-13-13、共同ビル、03-6667-6606)は10月31日まで、「エミットフィッシュバー GINZASIX」(中央区銀座6-10-1、GINZA SIX、03-3575-1540)など26店で「ハロウィンホットプレート」を販売している。

ゼネラル・オイスターが10月31日まで、「エミットフィッシュバー 銀座シックス」などで提供している「ハロウィンホットプレート」。

「ハロウィンホットプレート」(税別2580円)は通常メニューの「ホットオイスタープレート」のハロウィンバージョンで、カキのバターソテーには野菜のビーツをつかった「真っ赤なソース」を、特製カキフライには、イカ墨を使った「真っ黒なタルタルソース」をつけ、焼きガキにはほんのり甘みのある「かぼちゃ」とマスカルポーネの焼きカキを盛り合わせている。

プレートの内容は「カキのバターソテー 真っ赤なソース」(2個)、「カキフライ 真っ黒なタルタルソース」(2個)、「かぼちゃとマスカルポーネの焼きカキ」(2個)の盛り合わせとなっている。

中央区とその周辺では「エミットフィッシュバー 銀座シックス(GINZASIX)」のほか、「オイスターテーブル 銀座コリドー店」(中央区銀座7-2、銀座コリドー街108、050-5592-5209)、「カーブ・ド・オイスター 東京駅八重洲地下街」(中央区八重洲2-1、八重洲地下南1号、03-3274-3455)でも17時から販売している。

M84で丹地保堯「写真画」展、来年のカレンダーも

【銀座新聞ニュース=2018年10月20日】Art Gallery M84(中央区銀座4-11-3、ウインド銀座ビル、03-3248-8454)は10月22日から11月3日まで丹地保堯さんによるオリジナルカレンダー40周年記念「写真画展」を開く。

アートギャラリーエムハッシー(Art Gallery M84)で10月22日から11月3日まで開かれる丹地保堯さんのオリジナルカレンダー40周年記念「写真画展」に展示される作品((C)Yasutaka Tanji/M84)。

丹地保堯(たんじ・やすたか)さんは「そのもっとも美しい一瞬を切り取り、あざやかに描き出す」写真家で、アートギャラリーエムハッシー(Art Gallery M84)では「研ぎ澄まされた感性によってありふれた風景の中に写真創造の原点を見出す作風は『写真画』という独自の世界を確立した日本写真界の巨匠」としている。

毎年のように内外のカレンダー展で受賞し、今回(2019年版)、オリジナルカレンダーが40周年記念となる。これを記念して、写真画集に採用された絵画を思わせる幻想的な作品約40点を選んで額装して展示し、すべての作品を販売する。

丹地保堯さんは「自然をモチーフに日本全国を旅すること50年、自然が好きで絵が好きで、自然観をもっと感情で捉えたい。本質にせまり、空気感まで捉えたい。そんな思いの中、一枚一枚絵を描くつもりで被写体と向き合い、構図を決め、シャッターを切ってきた」という。

「顔料によるプリント(ジグレー技法)は耐久力や色再現が格段に向上し、和紙やカンバスに自分自身が描写することでオリジナルな『新ジャンル』での写真表現ができた気がする。ありふれた風景の中に僕の写真創造の原点がある。その原点を大切に旅を続けたい」としている。

丹地保堯さんは1943年広島県福山市生まれ、1968年に東京デザイナー学院商業デザイン科を卒業、フリーのグラフィックデザイナーとなり、1973年に写真家に転向し、1977年に全国カレンダー展で作品集「枝」が工業技術院院長賞を受賞、1981年にドイツ・シュツットガルトの国際カレンダー展で作品集「光の記憶」が最優秀カラー写真賞(グランプリ)を受賞した。

中国・北京の国際芸術写真展で入選、2003年に第54回全国カレンダー展で作品集「雅の心」が日本マーケティング協会賞を受賞、2004年に第55回全国カレンダー展で作品集「雅の心」が「審査員会奨励賞」を受賞した。

2005年に国際カレンダー展で作品集「雅の心第2弾」が銅賞(2012年銀賞)、第56回全国カレンダー展で作品集「雅の心」がグランプリの経済産業大臣賞(2007年、2010年、2017年に経済産業大臣賞)、2010年に「旅」をキーワードにした写真クラブ「ジタン・クラブ(JITAN CLUB)」を始動(代表理事)し、2018年に「しなの追分写真コンテスト」審査委員長。現在、日本写真画家協会会長、NPO国際写真交流協会会長などを務めている。

22日18時からオープニングセレモニーを開く。

開場時間は10時30分から18時30分。入場は無料。日曜日が定休。作品と2019年オリジナルカレンダーも会場にて販売する。

ヴァニラで周「不思議な生き物人形」展

【銀座新聞ニュース=2018年10月20日】ヴァニラ画廊(中央区銀座8-10-7、東成ビル、03-5568-1233)は10月23日から28日まで周さんによる人形展「ガリトラップ」を開く。

ヴァニラ画廊で10月23日から28日まで開かれる周さんの人形展「ガリトラップ」のフライヤー。

球体関節人形作家の周(あまね)さんが初の個展を開く。ヴァニラ画廊では、「周の作り出す人形世界は、不思議な生き物たちが住まう不思議な空間」という。「その不思議な生き物たちは、奇妙な姿でありながら愛くるしく、時に歪(いびつ)な佇(たたず)まいを持つ独特の造形美に彩られて」いるとしている。

今回は、「ドールスペースピグマリオン」で7年半にわたって作り続けてきた人形の中から、旧作新作含めておよそ20点を展示する。

周さんは東京都生まれ、2011年から人形の制作をはじめ、「ドールスペースピグマリオン」で吉田良(よしだ・りょう)さんに師事し、さまざまなグループ展に出品し、2016年、2017年にヴァニラ画廊の人形グループ展に参加している。

開場時間は12時から19時(土曜日、日曜日17時)まで。入場は無料。

日比谷「あいあい傘」初日、倉科カナ、市原隼人ら挨拶

【銀座新聞ニュース=2018年10月19日】芸能事務所のスターダストプロモーション(渋谷区恵比寿西2-3-3、武田第2ビル)グループの中堅映画配給会社のS・D・P(スターダストピクチャーズ、渋谷区恵比寿西2-3-3、武田第2ビル)は10月26日からTOHOシネマズ日比谷(千代田区有楽町1-1-3、東京ミッドタウン日比谷、050-6868-5068)で「あいあい傘」初日に公開記念の舞台あいさつを開く。

10月26日から一般公開される「あいあい傘」((C)2018映画「あいあい傘」製作委員会)。

26日18時からの回上映前に、監督の宅間孝行(たくま・たかゆき)さんをはじめ、主人公の「高島さつき」役の倉科カナ(くらしな・かな)さん、六郎を知るテキ屋「雨宮清太郎」役の市原隼人(いちはら・はやと)さん、高島さつきの父親「東雲六郎」役の立川談春(たてかわ・だんしゅん)さん、六郎の新しい妻「松岡玉枝」役の原田知世(はらだ・ともよ)さんが舞台に登場してあいさつする。

ウイキペディアによると、「あいあい傘」は俳優で脚本家の宅間孝行さんが2007年に、当時主宰していた劇団「東京セレソンデラックス」(1997年に旗揚げし、2012年末に解散)で上演し、その後、再演がないことから「幻の名作」とされてきた。

その後、宅間孝行さんが2103年に立ちあげた演劇プロジェクト「タクマ・フェスティバル・ジャパン(TAKUMA FESTIVAL JAPAN、略称・タクフェス)」により、2018年にタクフェス第6弾公演として再演された。2018年3月に石川拓治(いしかわ・たくじ)さんにより小説化(SDP)され、今回、宅間孝行さんの監督、脚本により、生き別れた娘と父の再会を描いた作品を映画化した。

物語は25年前に姿を消した父の六郎をようやく捜し出した高島さつきが、父を連れて帰るつもりで小さな田舎町へやって来たところからはじまる。しかし、町を散策していく中で、六郎が苗字を変え、知らない家族と新しい生活を築きあげていたことが明らかになる。さつきは意を決し、父の新しい家族に会いに行こうとする。

宅間孝行さんは1970年東京都生まれ、早稲田大学を中退、24歳の時に俳優養成所に入るも、ベテラン俳優でもアルバイトをしなければ食べていけない現実を知り、1997年に武田秀臣(たけだ・ひでおみ)さんと「東京セレソン」(2001年に「東京セレソンデラックス」に改名)を旗揚げ、「サタケミキオ」名義で作・演出も手がけ、劇団以外でも、俳優として2005年に映画「バッシュメント」やテレビドラマ「タイガー&ドラゴン」に出演した。

また、脚本家として2005年から2008年まで「花より男子」シリーズなどの脚本を手がけ、映画監督としても2008年に「同窓会」でデビューし、脚本と主演も務めた。2009年から「宅間孝行」名義に統一し、2012年に解散した「東京セレソンデラックス」の演目だった自作の「くちづけ」(監督は堤幸彦=つつみ・ゆきひこ=さん)が2013年に映画化にされる際に、脚色を担当し、出演した。2013年より演劇プロジェクト「タクフェス」を主宰している。

2006年に女優の大河内奈々子(おおこうち・ななこ)さんと結婚し、2008年に長男が誕生し、2012年に離婚している。

チケットはチケットぴあを通じて、20日12時から一般発売する。料金は2000円均一。